結婚式などで贈るギフトについて何気なく選んではいけません。一つ一つ意味があるのです。その大切なメッセージ。

大事な節目に贈るギフトの選び方
大事な節目に贈るギフトの選び方

大事な節目に贈るギフトの選び方

冠婚葬祭に必ずつきものなのが、ギフトです。贈るときに気を付けなければいけないことがあります。それは必ず意味が込められているということです。例えば、引っ越しのご挨拶でそばをおくります。これは近所に来ましたのでそばに、細く長くお近づきになりたいという考えです。ここで間違えても高価なものを上げてはいけません。嫌味になりますし、なにか便宜を計ってもらおうという魂胆があります。

深く考えてもいけませんが、結婚式などでは二つに別れてしまうような物は贈ってはいけないのです。これも意味があります。離婚などを連想するためです。あえてそのような物を贈り物にすればトラブルになります。喜ばれる為にはメッセージを込めることが大切です。かえるなどは家に帰る、よみがえるなどの良い意味があります。入院中の人にとってはうれしいメッセージです。

その言葉の語呂や、読み方などを昔から日本人は縁担ぎとして親しまれてきました。お葬式などでも華やかなものは避けなければいけません。逆におめでたい時には魚の鯛などはその響きからもとても良い印象があります。婚約したときの贈り物でも喜ばれます。高価ですがそれも希少価値を高めているのです。これもおもてなしの一つです。