冠婚葬祭のギフトは、価格と品質と好みに十分に十分に配慮し、相手に不快感を与えない工夫が必要です

大事な節目に贈るギフトの選び方

冠婚葬祭のギフトは価格と品質と好みに注意しましょう

冠婚葬祭のギフトというと、非常に神経を使うものです。結婚式の引き出物は、どうしてもご祝儀に対しての相応の物という事になりますし、お葬式の香典返しも、香典の額に応じたものを、と考えるのが一般的です。最近は特に金額に関する概念が高くなっており、自分が出した金額に対して相応のお返しが無いと、何となく損をしたような気分になってしまうものです。

その為、最近よく使われるのがカタログギフトです。金額を決めた中で、贈られた人が自分の好きなものをそのカタログのなかから選ぶことができるという方式が非常に受けていることと、引き出物や香典返しを選ぶ手間が省けるという事で、非常に喜ばれているものです。自分の好きなものが選べるということで変なものをもらうよりいい、と歓迎する人も多いでしょう。

しかし本来、こうした冠婚葬祭のギフトは忙しい中参列してくれた人々に対する礼の意味が込められているものです。その為、自分でしっかりと価格、品質、そして相手の好みを踏まえて選び、心を込めて贈るのがやはり正式な形であり、感謝の心が表れるものではないでしょうか。一人ひとりの顔を思い浮かべ、じっくりと時間をかけて選んでくれたギフトは送られた相手にとっても宝物になる筈です。

【参考】