ギフトは、その送る用途や先方に合わせて購入する場所を変えています。最近は、とても簡単に送れるようになりました。

大事な節目に贈るギフトの選び方

ギフトを選ぶ時の購入場所

年に何回(お中元・お歳暮・誕生日等)か、ギフトを贈ることがあります。先方の好み・家族構成などを考え何を贈ろうか考えるのは楽しい時間です。少し難しいのは、年代や性別が自分と違う場合、どんなものが良いのかなと悩むことです。

お中元やお歳暮などは、近くの大型スーパーや郵便局でカタログをもらってきて選ぶ場合が多いです。それでも、見つからないときは最終兵器のネットで申し込みをします。ネットだと情報が多すぎて、選ぶのに時間がかかり過ぎるという点もあるので、専らカタログで目星を付けて、人の少ない時に申し込みに行きます。大型スーパーでは、何回か申し込みを行うと、電話番号を伝えるだけで送り先一覧が表示されます(大型スーパーのパソコン上に出ます)ので、申込書を書くということも2回目からは不要となります。送りたい品物のカードをカウンターに出すと混んでない限り、2、3分で終わります。便利な世の中になったものです。

誕生日ギフトを買う時は、大型のショッピングモールや駅ビルの自分用には買わないような、少しお洒落なものを購入するようにしています。先方の好みに合いそうなものということで、難しくはありますが見て回るだけでも楽しいです。ここでも、ネットショッピングは最終手段です(先ほども書いたように、商品が多すぎて迷うためです)。

【参考】

  • 大事な人に心のこもった電報を贈りませんか