気持ちをギフトで上手に表す為、親しい相手には事前リクエストを訊き、その他は贈り物とカタログ併用がオススメです。

大事な節目に贈るギフトの選び方

お祝いの気持ちをギフトで上手に伝えよう。

友人や知人、親戚の結婚や出産、誕生日など、お祝いごとはこちらまで嬉しいですよね。「おめでとう」という気持ちを、上手に表せると本当に素敵だと思います。特に、式やパーティーの後も記念にのこるギフトを贈り喜んでもらいたい、そう思う方も多いと思います。

そこでそのギフト選びに悩んでしまうわけなのですが、とても親しい友人へ贈る場合には、事前にリクエストを訊くというのも有効な方法だと思います。いきなり訊くと「なんでも嬉しいよ」と返事される可能性も高いので、いくつか候補をあげておくといいですよ。サプライズではなくなってしまいますが、必要なものを確実に贈れますし、「こういう風に考えてくれているんだ」と友人への思いやりを候補リストから伝えることができるんです。

そして直接訊くのはためらわれる間柄の場合、ちょっとした贈り物にギフトカタログを併せると間違いがないので喜ばれやすいです。カタログだけだと無機質な印象もうけるので「ちょっとした贈り物」を添えているのですが、この場合の贈り物はあまり悩まずに、定番のものや「相手に合いそうだな」という自分からのオススメ程度でよいと思います。両方とも喜ばれれば嬉しいですし、残念ながら外してしまった場合でもカタログから選んでもらえるので安心ですね。

【参考】